従業員の健康やワーク・ライフ・バランスを確保するために! 職場意識改善助成金(勤務間インターバル導入コース)

勤務間インターバルとは

「勤務間インターバル」という言葉をご存知でしょうか。「勤務間インターバル」は、勤務終了後、一定時間以上の「休息期間」を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保するものです。労働者が日々働くにあたり、必ず一定の休息時間を取れるようにするというこの考え方に関心が高まっています。

助成金額

勤務間インターバル制度を導入するための以下の取組に要した経費の4分の3の金額(最大50万円)が支給されます。

● 就業規則・労使協定等の作成・変更
● 労務管理担当者に対する研修
● 労働者に対する研修、周知・啓発
● 外部専門家によるコンサルティング
● 労務管理用ソフトウェア・機器の導入・更新
● 勤務間インターバル導入のための機器等の導入・更新

メンタルヘルス対策でお困りの事業場の方、お気軽にご連絡ください。メールでのお問い合わせはこちら