社員の人材育成の仕組みを作ると最大240万円助成!【人材開発支援助成金】制度導入コース

社内制度の導入・実施で                最大で 合計

60万円 × 制度  =  240万円

こんな企業にオススメです!!
    ◇仕事の未来図を持たせたい!
    ◇技能検定受検を推進したい!
    ◇求人で魅力をアピールしたい!


助成メニュー

中小企業事業主において、以下の①~④の人材育成制度を就業規則等に規定して導入し、社員に実施すると助成を受けられます。 <>内は生産性の向上が認められる場合の助成額

助成対象 制度導入助成額
(実施が要件)
① セルフ・キャリアドック制度 社員に対するキャリア・コンサルティングを、ジョブ・カードを活用し計画的に行う制度 47万5,000円
<60万円>
② 教育訓練休暇等制度 社員が自発的に教育訓練やキャリア・コンサルティングを受けるための休暇を与える制度 47万5,000円
<60万円>
③ 技能検定合格報奨金制度
    (特定業種のみ)
技能検定に合格した社員に報奨金を支給する制度 47万5,000円
<60万円>
④ 社内検定制度 社内に業務内容に関する検定制度を設け、社員に受検させる制度 47万5,000円
<60万円>

人材開発支援助成金(制度導入コース)とは?

 中小企業事業主が継続して人材育成に取り組むために、上記4種類のいずれかの人材育成制度を新たに導入し、その制度を労働者に適用(その制度に基づき人材育成を実施)した場合に、一定額を助成する制度です。 

キャリア・コンサルティングとは?

 社員が、その適性や職業経験などに応じて自ら職業生活における目標やゴールを考え、これに基づいた職業の選択や職業訓練の受講などの職業能力開発を効果的に行うことができるよう、労働者の希望に応じて実施される相談やその他の支援のことです。 

メンタルヘルス対策でお困りの事業場の方、お気軽にご連絡ください。メールでのお問い合わせはこちら